夏にも負けない仮設での暮らし

 梅雨も明け、相馬にも夏がやってきました。からっとした青空の下、額に汗を流し子どもたちはプールや部活に行ったり、受験生は勉強を頑張っています。
 でも、頑張っているのは子どもたちだけではなく、仮設住宅に住むお祖母ちゃんたちも頑張っています。写真は、仮設住宅で暮らすお祖母ちゃんたちが集まって、くすだま作りをしているものです。急に訪ねた私たちに対して、お祖母ちゃんたちは温かく迎えてくれ、作り方を教えてくれました。くすだま作りの先生は同じ仮設住宅で暮らす方で、友人たちを集めくすだま作りを教えていました。仮設住宅では、周囲の方々と家が近くなったこともあり様々な問題もありますが、家が近くなったおかげでこのように周囲の方々が集まりやすくなりました。
 夏には、子どもたちのラジオ体操や盆踊り大会、カラオケ大会など仮設での行事は盛りだくさんです。この夏も仮設での暮らしは熱く狭くて大変かもしれませんが、いろいろなイベントを楽しみながら、頑張っていって欲しいと思います。

(島)

What's New?

ニュースレター11月号ができました

プール学院中等部と磯部中学校の交流会

ニュースレター9・10月号ができました

相互リンク