「スタッフのコラム」を更新しました!(H30.12.04)

 12月になりました。スーパーや飲食店でもクリスマスの装飾が増え、子ども達はサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていると思います。この時期だけ良い子になり、サンタクロースからのプレゼントが貰えるように努力している子もいるかもしれません。良い子にしてくれると、家族は助かりますね。反対に、悪い子を狙ってくる「なまはげ」のような存在もいます。良い子にご褒美を与えるサンタクロースと、悪い子に罰を与えるなまはげでは、どちらが子育てに良い影響を与えるでしょう?

 サンタクロースは12月24(25)日に1回現れる存在です。その日を過ぎると、子どもは良いことをしてもプレゼント(報酬)が貰えなくなるので、元に戻ってしまいます。なまはげも12~1月に1回現れますが、その日を過ぎると悪いことをしてもなまはげが来なくなる(罰を受けなくなる)ので、やはり元の子どもの様子に戻ります。こういった一連の行動の変化は「強化学習」と呼ばれ、私達が日常生活を送っていても起こることです。誰でも、報酬は欲しいですし、罰は受けたくないですよね。

 年に1回の大きなイベントは子ども達に刺激を与えてくれますが、性格や行動まで変えるとなると、サンタクロースもなまはげも難しいかもしれません。大事なことは、良いことや悪いことをしたらどうなるのか、周囲の大人が寄り添いながら教えることかもしれません。

守屋

What's New?

理事長あいさつ 2019年5月 更新しました!